<%site_name%>TOP

ケアンズツアー探検隊

★フィッシング

キャッチャクラブ 【体験記2】

ケアンズツアー体験記

キャッチャクラブ 【体験記2】

キャッチャクラブ
船上で食べる採れたてのマッドクラブはどんなレストランよりも美味しいかも。釣りもお楽しみいただけます

今回のツアー探検隊員


MIYUKI 探検隊員
★小さいお子様からご年配の方まで楽しめます。ぜひ、オーストラリアのマッドクラブをご堪能くださいませ!

★ キャッチャクラブのご予約はこちらから ★

ケアンズ出航!


この日の天気は朝から快晴!!!
ホテルお迎えの後、キャッチャクラブ専用の船に乗り込み出発!
船長のトニーさん、日本語が話せるジェイソンさんと共にトリニティ湾へ
期待の魚を求めて・・・

最初のポイントへ


陽気な2人に途中マングローブなどの説明を聞きながら進み、子供たちに船の操縦体験をさせてくれたりと楽しく最初のマッドクラブの網を仕掛けてあるポイントへ。

最初のポイントは残念ながらサイズが小さすぎて湾へリリース。
法律で、メスと規定のサイズ以下の小さなカニ&魚はすべて捕ってはいけないとの事。

2つめのポイント&お魚釣り!


気持ちを入れ替えて2つめのポイントへ。
こちらでは、網の中で大人同士喧嘩をしたらしく、1匹死んだ姿で・・・
他のもう1匹のカニは手をもぎ取られ・・・何だかかわいそうだけど、他にも大きなカニが取れていたのでみんな興奮状態!!!

ジェイソンさんが空き缶を取り出しカニのハサミに近づけるとあっという間にチョッキンチョッキンと・・・すごいパワー!人間の指なんてあっという間に切り取られちゃう・・・みなさん、カニには気を付けてくださいね!

その後、カニのお腹を見せてくれて、雄と雌の見分け方を私たちに伝授。カニのお腹にある三角が小さいと雄。大きい三角だと雌。こんな説明で分かるかな!?

船をまた新たな魚釣りのポイントへ。今回の釣りは糸釣りというもので、丸いプラスチックでできた物に釣り糸が巻いてあるというごくシンプルなものでの釣り!
釣りの経験がほとんど無い私・・・意気込んで小さなえびを魚にばれないように針に慎重に慎重に付けて・・・。いざ湾へ!最初のポイントではヒットなし。
2つ目、3つ目のポイントではなんと5回のヒット!わぁぁぁぁあ!!!でも先ほども言いました釣り経験のほとんど無い私、引き際を間違えて餌のみ食べられてかなり消沈・・・グスン。

 

ランチタイム

 

今回は、3箇所の釣りポイントを移動しながらみんなで釣りをしたけれど、
船員全員で釣れた魚は小さい魚が2匹のみ・・・。小さい魚も法律で捕ることを禁じられている為すぐに湾へリリース。

通常は釣った魚を船長のトニーさんが捌いてお刺身にしてくれるのですが、今回は前日に取れたという白身のお刺身をお裾分けして頂きました。
もちろんメインのマッドクラブもランチタイムに茹でてもらっておいしくおいしく頂きましたぁ!!!

今回のメニューは茹でたマッドクラブ、お刺身、パン、サラダ、フルーツ、
コーヒー、紅茶。
ランチが終わった後は、帰りの途へ。途中、船長のトニーさんが陽気にハーモニカも披露してくれて、みんなほんとに大満足!

キャッチャクラブのトニーさん、ジェイソンさん、楽しい時間をほんとにありがとうございましたぁ!!!



今回のツアースケジュール
9:00 ケアンズ出発
12:00 ピアのマーリーン・ジェッテイ(桟橋)からトリニティ湾へ出発。 船上でカニ捕りや釣りをお楽しみ下さい。トロピカルフルーツとサラダのランチを、船上でお召し上がり頂けます。釣った魚は刺身で、市内のレストランで時価およそ1匹のマッドクラブを新鮮なまま味わってください。
13:00 ケアンズ到着

持ち物
ツアー参加券、飲み物代、日焼け止め、サングラス、上着、虫除けスプレー

※料金、ツアー内容はツアー参加時のものとなります。
最新情報は下記のリンクよりご確認下さい。


同じカテゴリー(★フィッシング)の記事画像
キャッチャクラブ【体験記7】
同じカテゴリー(★フィッシング)の記事
 キャッチャクラブ【体験記7】 (2010-12-28 12:54)
 キャッチャクラブ 【体験記6】 (2008-10-18 16:57)
 キャッチャクラブ 【体験記5】 (2008-06-15 09:45)
 キャッチャクラブ 【体験記4】 (2007-01-18 11:57)
 キャッチャクラブ 【体験記3】 (2006-12-25 18:18)
 フィッシング 【体験記1】 (2006-08-28 05:40)

体験記の投稿日: 2006年07月26日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

過去記事
QRコード
QRCODE

削除
キャッチャクラブ 【体験記2】
    コメント(0)